• HOME
  • MRについて

About MR 
MRについて

MRとは

MR(医薬情報担当者)は、医療用医薬品の適正な使用と普及を目的として、医療関係者への面談の上、医薬品の品質・有効性・安全性などに関する情報の提供・収集・伝達を主な業務として行います。医療分野では治療に関する最新の情報が必要であり、正確な情報をタイムリーに伝達できるMRは医師から信頼されるパートナーとして大きな存在意義を持っています。こうした活動を通じて、患者様の健康に寄与し、社会に貢献できる仕事です。


MR業務の特徴

1)社会貢献度の高さ 医薬品は、正しく使用することではじめて効果が期待できる「生命関連製品」です。医薬品の適正使用に関する情報を扱うMRの責務は非常に重要です。同時に、担当している医薬品が使用されることで、患者様の病状を改善し、患者様やその家族に喜んでいただけるのも、MRの仕事のやりがいの一つです。
2)顧客は医療業界のプロフェッショナル 製薬業界は、高度な専門知識を持った医師などの医療従事者を対象にプロモーション活動を展開します。そのため、MRは医療従事者のニーズに応えられるように専門知識を習得するなど、継続した自己研鑽によって、チーム医療の一員として医療現場に欠かせない存在であることを実感できます。
3)価格交渉・納品集金業務がない 一般的な営業職とは異なり、製品の価格交渉や納品、集金などの業務は、医薬品卸会社の営業担当者(MS:Marketing Specialist)が行います。MRの業務は、担当している医薬品の品質・有効性・安全性などに関する情報の提供・収集・伝達であり、あくまでも医薬品が安全に使用されるために活動しています。
4)専門職としての継続的キャリア形成 MRになるには専門的な研修を受講し、試験に合格するとMR認定証が付与されます。認定証は5年間有効で、規定の継続研修を受講することで更新が可能です。認定試験に合格し更新していくことで、専門職として継続的にキャリアを形成することができます。
5)自己管理能力が求められる MRは、目標達成に向けたプランニングから実行までの一連のアクションを主体的に自身で行うなど、自己管理能力が求められます。自己管理能力が高い人ほど、MRとして活躍しています。

MRの一日

9:00〜 医薬品卸会社へ訪問

医薬品卸会社に訪問し、MS*と担当施設の医薬品の処方状況や医師のニーズ等の情報交換を行う。

*MS:医薬品卸会社の担当者

10:00〜 配属先(製薬企業)の営業所に出社

配属先の営業所に出社。その日の訪問スケジュールの確認と担当医療機関への訪問準備、同僚MRとの情報交換などを行う。

11:00〜 担当医療機関への訪問

数件の医療機関を訪問し、医師や薬剤師等の医療従事者と面談。
プロモーションツールを活用して医薬品の適性使用情報などを説明する。

14:00〜 休憩

担当医療機関の訪問の合間に休憩を取り、午後の訪問に向けた準備をする。

16:00〜 担当医療機関への訪問

医師は多忙のため、面会が短時間になることや面会スケジュールが変更になる場合もある。
医療機関には他社MRも多数訪問しているため、情報交換を行う。
医療機関の訪問終了後は、医薬品卸の訪問や営業所へ帰社、直帰など状況によって異なる。