• HOME
  • クインタイルズメールマガジン

Mail Magazine 
クインタイルズメールマガジン

医薬品業界の最新情報をお届けします

クインタイルズでは、医療業界に貢献すると共に自分のキャリアを磨いていきたいMRの皆様を応援すべく、日々の活動に役立つ情報はもちろん、 変化の波が押し寄せている製薬業界の中で柔軟に対応していくための様々な情報をメールマガジンでお届けします。


新規登録

メールアドレス登録で、2週間に1号のペースでメールマガジンをお届けします。

▼メールマガジン配信登録はこちらから


メールマガジンアーカイブ

2017年05月15日 第095号

インデックスに戻る

【ついに東京開催!】第3回MR SURVIVORSシークレットセミナー開催!


クインタイルズ・メールマガジン編集委員会です。

かねてからお伝えしております通り、本メールマガジンは、今後MR SURVIVORSから配信いたします。

今回もご案内いたします。まだ移行手続が終わっていない方は、下記の内容をご確認の上、MR SURVIVORSへの登録等のご対応をお願いいたします。

また、MR SURVIVORSにまだ登録しておられない方は、この機にMR SURVIVORSにご登録ください。

MR SURVIVORS以外では見たり、学べることがない、スペシャルなコンテンツをMRの皆さん向けに今後どんどん追加していきます。
ご登録は、こちらから↓

あなたは5年後10年後も、製薬業界で生き残ることができますか?
▼MR SURVIVORS
https://www.mrsurvivors.jp/


1. お知らせ エリアにこだわりのある方、是非ご覧下さい!!

クインタイルズは、この春から外資・内資問わず数々のプロジェクトがスタートします。
特に下記の都道府県での勤務にこだわりをお持ちの方是非一度ご相談ください。

北海道/青森/岩手/宮城/茨城/東京/神奈川/千葉/埼玉/長野/愛知/京都/大阪/兵庫/福岡/宮崎/鹿児島

お問い合わせ先 →  quintiles-careers@quintiles.com

↑このページのトップに戻る


2. 【読者様限定!】第3回MR SURVIVORSシークレットセミナー @東京 開催!

これまで第1回、第2回と開催してまいりましたMR SURVIVORSシークレットセミナーですが、ご参加いただきました皆様からのご好評を頂き、お陰をもちまして無事に終了することができました。
ご参加くださった皆様に改めまして心より御礼申し上げます。

一方、大阪以外の場所での開催についてのお問い合わせやご要望を頂戴しており、そういった皆様からのありがたい声にお応えする形で、今回、第3回MR SURVIVORSシークレットセミナーを東京で開催させていただく運びとなりました!
なお、誠に勝手ながら、大阪と同様に先着10名様限定とさせて頂いております。

開催概要は下記の通りです。

テーマ:【MRは不要? MRが2018年を前に知っておくべきこと】

今回も、様々なデータ等を用いて、下記の内容をお伝えいたします。
1. MR不要論の本質とは?
2. 製薬業界で生き残っていくためのキャリアを考える
3. 2018年のダブル改定を前に、今から知っておくべきこと
このテーマを通じて、皆さんと色々意見交換をし、MRの皆さんが明日から役立つ情報共有をしてまいります。

このMR SURVIVORSシークレットセミナーでしか聞くことができない、シークレットな内容をご用意し、皆様のご参加をお待ちしております。
ライバルに遅れを取りたくない方、ライバルの一歩先を行きたい方は、是非この機に本セミナーにお越しください。

※詳細はお申し込みいただいた方にのみにご連絡させて頂きます。

【記】
日時:2017年5月27日(土)14時~17時 
定員:10名(先着)
場所:品川駅付近(お申し込みいただいた方に、個別にお知らせいたします)
申し込み:下記の内容を、MR_SURVIVORS@quintiles.com宛にメールにてお知らせください。

1. ご氏名
2. ご年齢
3.ご勤務先
4. 当日の緊急時のご連絡先
5. 懇親会の出欠

※講演終了後、別会場にて懇親会(会費は均等割り)を17時より開催します。
セミナー・懇親会いずれかのみのご参加も可能です。

本セミナーに関するお申込みとお問い合わせ
MR_SURVIVORS@quintiles.com

↑このページのトップに戻る


3. 経済産業省が考えている、将来の日本のヘルスケア像 ~ヘルスケアIT 2017より~

2017年4月19日(水)から21日(金)にかけて、東京ビッグサイトにてヘルスケアIT2017(UBMジャパン主催)が開催されました。
ヘルスケア ITとは、テクノロジーが変えるヘルスケアの未来”をテーマに、医療、製薬を中心としたヘルスケア業務の研究、開発、製造から患者・顧客対応、診療データ管理など各部門向けに、最新のテクノロジーとノウハウをご紹介する一大イベントです。

この展示会では、製薬企業の方々も多数参加されるセミナーも開催されました。
このセミナーの中で、私たちMRにも関わりが考えられる話題がいくつもありましたので、今後数回にわたり、皆さんに共有いたします。

今回は、経済産業省 商務情報政策局 ヘルスケア産業課 課長補佐 富原 早夏氏の基調講演を紹介します。
同省の取組みは、長期的に見て製薬企業の環境変化に繋がる可能性が高いと考えられます。是非ご覧ください。

------------------------------------------------------------------------------------------------
【基調講演】次世代ヘルスケア産業の創出 -生涯現役社会実現に向けて-
経済産業省 商務情報政策局 ヘルスケア産業課 課長補佐 富原 早夏氏

同省では現在、安倍内閣が掲げる「一億総活躍社会の実現」に向けて、様々な取組みがなされています。

ヘルスケアにおいては、医科診療費の傷病別内訳(2013年)のデータを分析し、
・生活習慣病患者さんの人数と、そこに投入される医療資源の金額が、医科診療費の中で最も多いこと
・特定健診の未受診者が2,780万人いること
・特に糖尿病では、重症化(糖尿病性腎症の人工透析への移行)による医療資源や社会的損失が大きいこと
等に着目しております。

そのため、同省は現在、「疾病の予防・健康管理サービス」を充実させていくことに取り組んでいます。

それらの取組みの中から、今回は
◆ 健康経営
◆ IoT (Internet of Things)をベースにしたヘルスケアの確立
◆ 地域のヘルスケアエコシステムの構築
を紹介されました。

◆ 健康経営
同省の資料「企業の「健康経営」ガイドブック ~連携・協働による健康づくりのススメ~(改訂第1版)」
によれば、健康経営とは
「従業員の健康保持・増進の取組が、将来的に収益性等を高める投資であるとの考えの下、健康管理を経営的視点から考え、戦略的に実践すること。」
とあります。

現在就職活動中の学生さんやそのご両親の人気企業は、「従業員の健康や働き方に配慮している企業」であり、「学生が企業を決める決め手」でもあるそうです。

同省では今後、健康経営の実践は、費用対効果が上がっているかを測定するとしています。

◆ IoTをベースにしたヘルスケアの確立
ウェアラブルデバイスが以前よりも安価に普及してきたことに伴い、同省では様々な介入も始めています。

例えば、糖尿病予備軍といわれるHbA1c6.8以下で薬物未治療を2群に分け、ウェアラブルデバイスによる介入群と介入なし群に分けたところ、ウェアラブルデバイスによる介入群では、介入なし群と比較してHbA1cが3ヵ月後には大きく下がっていた(平均約0.5)ことを、富原氏は明らかにしました。

これは、ウェアラブルデバイスによって、
・糖尿病予備軍の方ご自身が糖尿病にかかるリスクをデータで見ることが出来るため、
自身の危機意識の醸成に繋がった
・そのデータを基に、予備軍の方と医師との面談が充実した
のではないか、と同省では見ているとのことでした。

◆ 地域のヘルスケアエコシステムの構築
同省は現在、様々な取組みを展開しております。例えば、
・公的保険外サービスの創出
・切れ目なく健康サービスを提供できる仕組みの構築
・「地域版次世代ヘルスケア産業協議会」の設置、拡大
・地域でのヘルスケアサービスの創出
・健康寿命延伸産業創出推進の事業化
・行政と連携した未病対策、重症化予防対策の推進
等が挙げられていました。

具体的に成果を上げ始めている事例としては、
・神戸市での糖尿病性腎症の重症化予防
・八王子市のがん検診受診率向上
を紹介しておりました。

ここまで見てまいりますと、現在の国の
・健診受診により病気を早期発見する
・健康寿命を長くし、患者さんを減らす
・今の患者さんが重症化しないようにする
という取組みは、医療用医薬品の出番を遅らせることに繋がりそうです。
医療費抑制策の一環と見ることも出来ます。

そのような世界では、必要最低限の医療用医薬品が処方されることになると考えられますし、今話題のフォーミュラリが全国各地で導入されるかもしれません。
そのことによってポリファーマシーや残薬を解消し、限られた医療資源を有効に活用する動きが当たり前の世の中になることも予想されます。

これらのことは、医療用医薬品の売上にも関わってくると考えられます。

だとすると、これまでのような医師への自社医薬品の処方依頼ではなく、自社医薬品が医師や患者さんに提供する価値が何かをきちんと医師にお伝えすることで、
「この医薬品は、自分にとって必要な医薬品だ」
と医師に認識していただく活動が必要になってまいります。 

このように、今後も環境がどんどん変化していくことを見据えながら、私たちMRは、今のMR活動の価値を高める取組みをしていく必要がありますね。

前述の第3回MR SURVIVORSシークレットセミナーでも、MRの環境変化と、そこに適応するMR活動について参加者と情報交換する予定です。当セミナーにも、どうぞご参加ください!

MR SURVIVORSシークレットセミナーに関するお申込みとお問い合わせ
MR_SURVIVORS@quintiles.com

↑このページのトップに戻る


4. クインタイルズ・メールマガジンの移行についてのお知らせ

このたび、クインタイルズ・メールマガジンは、2017年12月末を目処に、当クインタイルズ・トランスナショナル・ジャパン株式会社(以下「クインタイルズ」といいます。)が運営するMR SURVIVORSからの配信に移行いたしました。

それに伴い、このメールアドレスからのメールマガジンの配信は、登録者の移行が終了後、配信停止とすることとなりました。

これは、クインタイルズにおけるMRの皆様向けのサービスのMR SURVIVORSへの統合に伴うものです。

クインタイルズは、これにより、MRの皆様にとって一層利便性が高く、MRの皆様の資質向上に役立つ様々な情報提供を包括的・効率的・効果的に提供できるようになると考えております。

MR SURVIVORSからのメールマガジンの受信のためには、同サイトへの登録とアカウントの作成が必要となります。

この機会に皆様ご自身で、MR SURVIVORSのサイトを訪れて頂き、アカウントを作成頂きましたうえで、メールマガジンと共に他のコンテンツもご利用頂けましたら幸いです。

なお、これまでクインタイルズ・メールマガジンを購読頂いておりました皆様の中でアカウント作成がご面倒だという方のために、当社の方で皆様に代わってアカウントを作成させて頂いています。

今後、クインタイルズ・メールマガジンの購読を引き続きご希望頂く場合には、以下のいずれかの対応をお願い申し上げます。

なお、いずれの対応もいただけない場合には、クインタイルズ・メールマガジンの移行完了以降、クインタイルズ・メールマガジンをお受け取りになることができないこととなりますので、ご注意下さい。

◆1.以下のURLにアクセスし、アカウントの作成をお願いいたします。

https://www.e2r.jp/ja/mrsurvivors/agree_mail_magazine.html


◆2.本メールに返信する方法で、以下の部分をコピーのうえ貼り付けて送信下さい。
なお、お名前だけは、ご自身でメール本文に補充下さい。

1.お名前:●● ●●
2.メルマガ配信:MR SURVIVORSからの配信に同意します。
3.アカウント代理作成:クインタイルズが保有する私の次の情報を、クインタイルズが私に代わってMR SURVIVORSのアカウント作成のために利用することに同意します。

①氏名
②性別
③生年月日
④メールアドレス
⑤会社名



本件についてご不明な点がある方は、本メールへの返信の方法により、お問合せ下さい。
今後とも、クインタイルズ・メールマガジンとMR SURVIVORSをどうぞよろしくお願い申し上げます。

----------------------------------------------------------
激変する製薬業界の中で、あなたは生き残ることができますか?
MR SURVIVORS
https://www.mrsurvivors.jp/
----------------------------------------------------------

↑このページのトップに戻る


編集後記

ゴールデンウィークは、楽しく過ごされましたでしょうか?
日頃多忙を極めるMR活動から一転、ご家族や友人等と楽しいひと時をお過ごしになったことと思います。

気候も過ごしやすくなり、仕事にも集中できますね。
皆さんの担当製品で、担当する医師やその先の患者さんに笑顔になっていただきましょう!

今後も、このクインタイルズ・メールマガジンでは、少しでもMRの皆様にお役立て頂ける様々な情報をお届け出来るよう努力して参ります。 

皆様からも、「こんな情報が欲しい!」、「こういうことが知りたい!」等がございましたら、下記のメールアドレスからお知らせください。

最後までクインタイルズ・メールマガジンをお読みいただき、ありがとうございました!!!
心より感謝を込めて。

【クインタイルズ・メールマガジン編集委員会】

↑このページのトップに戻る