Job Category 
職種紹介

コマーシャル・ソリューションズ事業本部の仕事

コマーシャル・ソリューションズ事業本部では、多様な職種・専門性を持った社員が集まり、組織としてバリューを発揮することで市場のニーズに対応しています。


MR - Medical Representatives

MR(医薬情報担当者)は、医療用医薬品の適正な使用と普及を目的として、医療関係者への面談の上、医薬品の品質・有効性・安全性などに関する情報の提供・収集・伝達を主な業務として行います。医療分野では治療に関する最新の情報が必要であり、正確な情報をタイムリーに伝達できるMRは医師から信頼されるパートナーとして大きな存在意義を持っています。こうした活動を通じて、患者様の健康に寄与し、社会に貢献できる仕事です。

Read more もっと詳しく

MSL - Medical Science Liaison

MSLは、製薬企業のメディカル部門やメディカルアフェアーズ等に所属し、高度な医学的視点から医療関係者(Thought LeaderとなるKOL)と製薬企業(製品開発者)の架け橋となり、真に患者様に必要な製品の開発を支援するとともに、上市後の製品の価値を最大化(育薬)する仕事です。一般的なMSLの業務は、メディカル戦略の立案、KOLへの最新の学術情報の提供および収集、医師主導の臨床研究の支援など、非常に多岐にわたります。

CE - Clinical Educator

CEは、臨床経験のある看護師が、医師・看護師・薬剤師などの医療従事者向けの情報提供・啓発活動を通じ、患者様に対する薬物治療効果の最大化と副作用の最小化を促進しています。欧米では広く普及している職種で、患者様の服薬アドヒアランス*1やQOL*2を向上させ治療のドロップアウトを防ぐ等の成果が期待されています。活動は医薬品のプロモーションに携わるMRとの連携により病院等での勉強会・講習会を通して啓発プログラムを企画・実施します。この他、疾患の啓発・MRのサポートなどCEの活動は多岐にわたります。

  • *1 服薬アドヒアランス:患者の理解, 意志決定, 治療協力に基づく内服遵守
  • *2 QOL:身体的な苦痛を取り除くだけでなく、精神的、社会的活動を含めた総合的な満足度

PMSモニター - Post Marketing Surveillance Monitor

PMSとは、「製造販売後調査」と訳され、製造販売後の医薬品の適正な使用方法を確立することを目的としています。厚生労働省から認可が下りた薬剤の市場における品質有効性・安全性を確認するために、GVP*1に基づく安全性確保業務が行われます。また、販売前の臨床試験では得られなかった情報を収集するために、GPSP*2に基づく製造販売後調査・試験が行われています。従来は、製薬企業のMRがデータの収集を担当していましたが、昨今は市販後調査がより重要となっており、専門的な知識・スキルを持ったPMSモニターが担当しています。

  • *1 GVP:医薬品製造販売後安全管理の基準
  • *2 GPSP:医薬品製造販売後調査・試験の実施の基準

Consultant

コンサルタントは、クインタイルズの豊富な現場ノウハウを活用し、クライアントである製薬企業の営業生産性向上のためのプログラムやブランド戦略を企画立案し、実行します。クライアントの戦略実行パートナーとして、課題の所在に応じた実現可能かつ具体的なソリューションを策定し、それを実現させるためのプロジェクトをマネジメントします。施策の実行結果の検証および、改善策の提示はもちろん、成功事例を定着させるための教育にいたるまで、クライアントの成果創出をトータルにサポートするミッションを担います。