Employee Interviews 
社員インタビュー

患者様と看護師の視点に立つ

医薬品の適正使用を促進するために、
患者様のクオリティ・オブ・ライフを踏まえた啓発活動を行う。

Y.I.


看護師経験×チャレンジ

前職の看護師時代に海外交流事業を経験しました。その際、世界には様々な医療の考え方や治療法があることを知り、視野が広がりました。その体験を通じて、私も「看護師経験を活かし、新たな領域に挑戦したい」「院内の限られた空間だけでなく、もっと広く多くの人に看護師としての知識や経験を伝えたい」と思うようになりました。そんな折に出会ったのがクインタイルズです。

私がクインタイルズへ興味を持った2008年頃、看護師がCSOで働くという事例はまだありませんでした。当時、クインタイルズはHMS(ヘルス・マネジメント・ソリューション)サービスを立ち上げた時期でした。HMSとは『臨床経験を持つ看護師がCE(クリニカル・エデュケーター)として医師や看護師を訪問し、その疾病領域、治療・看護に関わる最新情報の提供、現場の問題の発見から解決手段の策定を通じてクライアントである製薬企業のニーズに応える』というものです。
現場を知る人間が患者様と医療従事者の視点に立ち、患者様のために本当に役立つ医療に貢献するという考え方に共感し、クインタイルズのCEとして働くことを決めました。

看護師と密なコミュニケーション

私たちCEの活動は薬剤を販売するためのプロモーション活動とは異なります。現場の医療従事者、主に看護師から患者様の不安やニーズを汲み取り、疾患や薬剤の理解がより深まる情報を提供することで、患者様が安心して治療を継続できるように支援する。これが最も大切な役割です。そのために全国の医療機関で看護師などの医療従事者に対し教育・啓発活動を行い、患者様に対する薬物治療効果の最大化と副作用の最小化を促進しています。

なぜCEは看護師とのコミュニケーションを重視するのか。それは薬の適正使用において、看護師だからこそ目が行き届き、出来ることがあるからです。患者様が薬を正しく服用するには、事前検査や服用の際の食事、飲み合わせなど、日常生活を鑑みた情報提供が必要です。その際、患者様を指導するのは看護師であり、臨床に役立つ患者様の情報を最も豊富に持っているのも、実は看護師なのです。

CEが媒介となり、様々な情報を看護師の方々へ共有することで、患者様が薬の服用を継続出来たり、副作用が発生せずに済むのであれば、とても有意義なことだと考えています。

講習会を開き、情報共有を図る

日頃、活動の軸になるのは看護師向けに行う説明会・講習会です。私たちCEは医療現場のニーズに合わせて多くの勉強会・講習会のコンテンツを作成し、患者様の指導に役立つ啓発プログラムを企画・実施しています。
講習会の役割は薬剤情報の提供だけではありません。例えば『患者様が自宅で注射を打つ際、何が一番困るのか』といった現場で起きている様々な事実や問題点を共有することで、看護師の日常的な疑問や不安を解消し、モチベーションの向上に繋げることも重要です。
また、クライアントである製薬企業のMR向けにも研修会を開催する機会を頂け、高い評価を得ています。MRの方々は、業務として医師や薬剤師とのコミュニケーションが主となるため、日頃看護師とは十分な関わりを持てない環境です。こうした研修会の場を設けることで「自分の扱う薬剤が現場でどう使われているのか、リアルな情報に接することができて良かった!」という声を多数頂くことが出来ました。

CEに求められるもの

クインタイルズのCEの仕事において、クライアントのニーズを把握し、一から活動内容を立ち上げていくことは醍醐味のひとつであると感じています。また、医療の現場が求めていることに対して、看護師目線で解決策を提案でき役立てて頂けた時などは、大きな達成感に繋がっています。

CEは医師を始めとする医療従事者より、常に専門的な知識・情報を求められています。クオリティの高いサービスを維持するためには、薬剤の基本情報に加え、医療情勢や看護学についても横断的に学んで行かねばなりません。昨今の医療問題に関心を深めるとともに、看護師目線でどのような情報提供が出来るのかについて、常にアンテナを張っておくことが重要です。また、定期的に学会に参加し、疾患別の看護を継続学習することで、活動内容を医療現場に合わせて柔軟に変化させていく能力も必要です。

クライアントは、毎月担当するプロジェクトの進捗状況や課題の共有を図る中で、私たちCEの提案や希望を真摯に受け止め、HMS活動の出来うる支援をして下さります。患者様を第一に考えるその姿勢に強く共感し、共に働けることを光栄に思うと同時に、今後のクインタイルズのHMS事業の更なる発展へ期待が高まります。

看護師経験×チャレンジ

前職の看護師時代に海外交流事業を経験しました。その際、世界には様々な医療の考え方や治療法があることを知り、視野が広がりました。その体験を通じて、私も「看護師経験を活かし、新たな領域に挑戦したい」「院内の限られた空間だけでなく、もっと広く多くの人に看護師としての知識や経験を伝えたい」と思うようになりました。そんな折に出会ったのがクインタイルズです。

私がクインタイルズへ興味を持った2008年頃、看護師がCSOで働くという事例はまだありませんでした。当時、クインタイルズはHMS(ヘルス・マネジメント・ソリューション)サービスを立ち上げた時期でした。HMSとは『臨床経験を持つ看護師がCE(クリニカル・エデュケーター)として医師や看護師を訪問し、その疾病領域、治療・看護に関わる最新情報の提供、現場の問題の発見から解決手段の策定を通じてクライアントである製薬企業のニーズに応える』というものです。
現場を知る人間が患者様と医療従事者の視点に立ち、患者様のために本当に役立つ医療に貢献するという考え方に共感し、クインタイルズのCEとして働くことを決めました。

看護師と密なコミュニケーション

私たちCEの活動は薬剤を販売するためのプロモーション活動とは異なります。現場の医療従事者、主に看護師から患者様の不安やニーズを汲み取り、疾患や薬剤の理解がより深まる情報を提供することで、患者様が安心して治療を継続できるように支援する。これが最も大切な役割です。そのために全国の医療機関で看護師などの医療従事者に対し教育・啓発活動を行い、患者様に対する薬物治療効果の最大化と副作用の最小化を促進しています。

なぜCEは看護師とのコミュニケーションを重視するのか。それは薬の適正使用において、看護師だからこそ目が行き届き、出来ることがあるからです。患者様が薬を正しく服用するには、事前検査や服用の際の食事、飲み合わせなど、日常生活を鑑みた情報提供が必要です。その際、患者様を指導するのは看護師であり、臨床に役立つ患者様の情報を最も豊富に持っているのも、実は看護師なのです。

CEが媒介となり、様々な情報を看護師の方々へ共有することで、患者様が薬の服用を継続出来たり、副作用が発生せずに済むのであれば、とても有意義なことだと考えています。

講習会を開き、情報共有を図る

日頃、活動の軸になるのは看護師向けに行う説明会・講習会です。私たちCEは医療現場のニーズに合わせて多くの勉強会・講習会のコンテンツを作成し、患者様の指導に役立つ啓発プログラムを企画・実施しています。
講習会の役割は薬剤情報の提供だけではありません。例えば『患者様が自宅で注射を打つ際、何が一番困るのか』といった現場で起きている様々な事実や問題点を共有することで、看護師の日常的な疑問や不安を解消し、モチベーションの向上に繋げることも重要です。
また、クライアントである製薬企業のMR向けにも研修会を開催する機会を頂け、高い評価を得ています。MRの方々は、業務として医師や薬剤師とのコミュニケーションが主となるため、日頃看護師とは十分な関わりを持てない環境です。こうした研修会の場を設けることで「自分の扱う薬剤が現場でどう使われているのか、リアルな情報に接することができて良かった!」という声を多数頂くことが出来ました。

CEに求められるもの

クインタイルズのCEの仕事において、クライアントのニーズを把握し、一から活動内容を立ち上げていくことは醍醐味のひとつであると感じています。また、医療の現場が求めていることに対して、看護師目線で解決策を提案でき役立てて頂けた時などは、大きな達成感に繋がっています。

CEは医師を始めとする医療従事者より、常に専門的な知識・情報を求められています。クオリティの高いサービスを維持するためには、薬剤の基本情報に加え、医療情勢や看護学についても横断的に学んで行かねばなりません。昨今の医療問題に関心を深めるとともに、看護師目線でどのような情報提供が出来るのかについて、常にアンテナを張っておくことが重要です。また、定期的に学会に参加し、疾患別の看護を継続学習することで、活動内容を医療現場に合わせて柔軟に変化させていく能力も必要です。

クライアントは、毎月担当するプロジェクトの進捗状況や課題の共有を図る中で、私たちCEの提案や希望を真摯に受け止め、HMS活動の出来うる支援をして下さります。患者様を第一に考えるその姿勢に強く共感し、共に働けることを光栄に思うと同時に、今後のクインタイルズのHMS事業の更なる発展へ期待が高まります。

社員インタビュー INDEX