Employee Interviews 
社員インタビュー

医科学的に高度な専門性を活かす

KOL*と製薬企業の架け橋となり、真に患者様に必要な製品の開発を支援するとともに、
上市後の製品の価値を最大化(育薬)する。

*KOL:キーオピニオンリーダー。医科学的に高度な専門性を持ち、各疾患領域の治療方針に大きな影響力を持つ医師のこと。

H.T.


ますます高まるMSLの重要性

日本におけるMSLの仕事は多岐に渡り、その役割や立ち位置は各製薬企業によって様々です。私が従事しているクライアント製薬企業のMSLは、営業・マーケティング組織から独立した職種として、薬剤の安全性などを担うメディカル・アフェアーズ部門に所属しています。そしてKOLのマネジメントとその臨床研究の支援を主な役割としています。医科学的に高度な専門性を持ち、各疾患領域の治療方針に大きな影響力を持つKOLの医師に対して、最新の医学・薬学情報をタイムリーに提供するだけではなく、新しい治療方法や医薬品の適正使用について議論するなど、医師とクライアントである製薬企業を繋ぐ存在として、新しい医薬品の開発とその先にある薬剤価値の最大化(育薬)を支援しています。

ここ数年、MSLという職種の重要性が高まっている背景には、医薬品を取り巻く社会的な環境変化があります。医療機関の視点で見ると、新薬の種類や作用機序、使用方法が多様化しており、多くの医師はエビデンスに基づいたデータをより重視するようになっています。また、安全性に対する社会的な注目度やコンプライアンス意識が高まっていることも大きな要因となっています。

一方、製薬企業としては、新薬市場の成熟化や新薬開発のスピード化に合わせ、製品戦略の転換を図る必要性が出てきています。従来のプロモーションに偏るのではなく、適切な情報提供により医師の信頼を獲得し、臨床研究支援によりエビデンスの確立を増やすことへ重心が移ってきていると感じます。

新薬市場が落ち着いてきた今、クライアントである製薬企業が目指すべきことは何か。それは、製品の発売後にどれだけ多くのエビデンスを構築し、製品のライフサイクルを伸ばせるかが重要だと感じます。加えて、アンメットメディカルニーズ領域にアプローチできる新薬を生み出すこともポイントです。このような適応拡大や育薬の推進を図るには、KOLである医師の臨床研究が不可欠であり、医療機関と製薬企業との“架け橋”として支援するMSLの存在価値は、今後益々高まっていくでしょう。

異分野の橋渡し(リエゾン)で
新価値を生む

KOLである医師への学術的な情報提供や議論を通じて、新たな考え方や視点を見出していくパフォーマンスは、MSLの仕事における醍醐味のひとつです。医師に対するMSLのサジェスチョンが触媒となって臨床研究がスタートし、それが研究論文となり世に拡がる・・・MSLという中立的な立場で行う活動だからこそ、成し得るやりがいでもあります。

異なる領域の疾患、異なる専門分野の医師を結びつけることで、今までにない臨床研究という形に発展させることができれば、連携役=リエゾンの理想像です。その結果が疾患概念に影響を与え、治療ガイドラインなどの内容に結びついていくこと。また、KOLの医師から「MSLは頼れる治療のパートナー」と言って頂け、クライアントである製薬企業より「クインタイルズのMSLはMSL活動の戦略的なパートナー」と認識頂けることが、私たちの目指すゴールです。

そのために、疾患に関する知識をこれまで以上に磨き、KOLやクライアントとの対話の中で、パートナーシップをより深める活動をしていきたいと思っています。

キャリアを融合し、新たな領域へ

私は医薬系の大学で基礎研究を中心に行い、その後大学院で研究職に就きました。その際、臨床研究に携わる機会があり、実臨床経験の必要性を痛感しました。またその後、薬剤師として在宅医療の現場を経験し、薬の適正使用の面で様々な問題があることを知りました。
「何とかしたい」という強い思いを抱いていた折に、出会ったのがクインタイルズとMSLという仕事です。

製薬企業に席を置きながら、クインタイルズのMSLとして中立的な立場で医療に携わることができることへ、強い魅力を感じました。また、「自分の研究経験と現場経験、両方のキャリアを活かせ、医療の発展と患者様の健康へ貢献できる仕事だ」と思えたことも、大きな要因です。

そして、その私の経験は、現在のMSLの活動へ大いに活かせています。MSLには臨床研究についての高度な知識が必要であり、私の歩んできた基礎研究の経験は、臨床研究と基礎研究という違いはありますが、根本的な考え方は一緒であり、とても役に立っています。また、薬剤師として、患者様が薬に何を求めているのか、肌で学んだ現場経験も貴重でした。

クインタイルズでは、こうした異業種で得られたキャリアを融合させ、さらに知識や経験を積み重ねていくことで、新たなビジネスとして拡げていける環境があると考えています。また、価値創造の場としても、クインタイルズは常に新しいことを取り入れ、実践していく企業だと実感しています。現在の業務をさらに拡大し、クインタイルズのMSLを発展させることによって、日本市場におけるMSL業務の確立と更なる普及を目指したいと思います。

ますます高まるMSLの重要性

日本におけるMSLの仕事は多岐に渡り、その役割や立ち位置は各製薬企業によって様々です。私が従事しているクライアント製薬企業のMSLは、営業・マーケティング組織から独立した職種として、薬剤の安全性などを担うメディカル・アフェアーズ部門に所属しています。そしてKOLのマネジメントとその臨床研究の支援を主な役割としています。医科学的に高度な専門性を持ち、各疾患領域の治療方針に大きな影響力を持つKOLの医師に対して、最新の医学・薬学情報をタイムリーに提供するだけではなく、新しい治療方法や医薬品の適正使用について議論するなど、医師とクライアントである製薬企業を繋ぐ存在として、新しい医薬品の開発とその先にある薬剤価値の最大化(育薬)を支援しています。

ここ数年、MSLという職種の重要性が高まっている背景には、医薬品を取り巻く社会的な環境変化があります。医療機関の視点で見ると、新薬の種類や作用機序、使用方法が多様化しており、多くの医師はエビデンスに基づいたデータをより重視するようになっています。また、安全性に対する社会的な注目度やコンプライアンス意識が高まっていることも大きな要因となっています。

一方、製薬企業としては、新薬市場の成熟化や新薬開発のスピード化に合わせ、製品戦略の転換を図る必要性が出てきています。従来のプロモーションに偏るのではなく、適切な情報提供により医師の信頼を獲得し、臨床研究支援によりエビデンスの確立を増やすことへ重心が移ってきていると感じます。

新薬市場が落ち着いてきた今、クライアントである製薬企業が目指すべきことは何か。それは、製品の発売後にどれだけ多くのエビデンスを構築し、製品のライフサイクルを伸ばせるかが重要だと感じます。加えて、アンメットメディカルニーズ領域にアプローチできる新薬を生み出すこともポイントです。このような適応拡大や育薬の推進を図るには、KOLである医師の臨床研究が不可欠であり、医療機関と製薬企業との“架け橋”として支援するMSLの存在価値は、今後益々高まっていくでしょう。

異分野の橋渡し(リエゾン)で新価値を生む

KOLである医師への学術的な情報提供や議論を通じて、新たな考え方や視点を見出していくパフォーマンスは、MSLの仕事における醍醐味のひとつです。医師に対するMSLのサジェスチョンが触媒となって臨床研究がスタートし、それが研究論文となり世に拡がる・・・MSLという中立的な立場で行う活動だからこそ、成し得るやりがいでもあります。

異なる領域の疾患、異なる専門分野の医師を結びつけることで、今までにない臨床研究という形に発展させることができれば、連携役=リエゾンの理想像です。その結果が疾患概念に影響を与え、治療ガイドラインなどの内容に結びついていくこと。また、KOLの医師から「MSLは頼れる治療のパートナー」と言って頂け、クライアントである製薬企業より「クインタイルズのMSLはMSL活動の戦略的なパートナー」と認識頂けることが、私たちの目指すゴールです。

そのために、疾患に関する知識をこれまで以上に磨き、KOLやクライアントとの対話の中で、パートナーシップをより深める活動をしていきたいと思っています。

キャリアを融合し、新たな領域へ

私は医薬系の大学で基礎研究を中心に行い、その後大学院で研究職に就きました。その際、臨床研究に携わる機会があり、実臨床経験の必要性を痛感しました。またその後、薬剤師として在宅医療の現場を経験し、薬の適正使用の面で様々な問題があることを知りました。
「何とかしたい」という強い思いを抱いていた折に、出会ったのがクインタイルズとMSLという仕事です。

製薬企業に席を置きながら、クインタイルズのMSLとして中立的な立場で医療に携わることができることへ、強い魅力を感じました。また、「自分の研究経験と現場経験、両方のキャリアを活かせ、医療の発展と患者様の健康へ貢献できる仕事だ」と思えたことも、大きな要因です。

そして、その私の経験は、現在のMSLの活動へ大いに活かせています。MSLには臨床研究についての高度な知識が必要であり、私の歩んできた基礎研究の経験は、臨床研究と基礎研究という違いはありますが、根本的な考え方は一緒であり、とても役に立っています。また、薬剤師として、患者様が薬に何を求めているのか、肌で学んだ現場経験も貴重でした。

クインタイルズでは、こうした異業種で得られたキャリアを融合させ、さらに知識や経験を積み重ねていくことで、新たなビジネスとして拡げていける環境があると考えています。また、価値創造の場としても、クインタイルズは常に新しいことを取り入れ、実践していく企業だと実感しています。現在の業務をさらに拡大し、クインタイルズのMSLを発展させることによって、日本市場におけるMSL業務の確立と更なる普及を目指したいと思います。

社員インタビュー INDEX