Employee Interviews 
社員インタビュー

オンコロジー領域のエキスパートへ

がん、骨髄腫、リンパ腫などのオンコロジー領域において、
「頼れる治療パートナー」として選ばれるMRを目指す。

H.N.


医師の治療パートナーになる

2014年末より、抗がん剤を専門に扱うオンコロジープロジェクトに携わっています。『Patient-centric(患者様中心)』の考え方を基本に、疾患に苦しむ患者様一人ひとりへ、オンコロジーMRとして出来うる限りのサポートを提供したいと考えています。

昨今がん治療の分野はめまぐるしく進歩しており、扱う癌腫によって薬剤が異なり、ステージやポジショニングによっても処方の仕方が変化するなど、治療内容が極めて複雑・高度化しています。

こうした環境の中で、私はがん治療に係る医師、薬剤師、看護師などに、実臨床のエビデンスや全国的な使用実態、海外の文献報告等を基に、薬剤の適正使用を提案する業務に従事しています。

特に多忙を極める医師との面会時間は限られており、単に製品情報を伝えるだけのMRでは存在価値はありません。面会時は、投与中の症例の有害事象や治療選択を迷っている症例像などを常に確認するようにし、医師が抱える問題があればその解決案を早期に提案できる環境作りを心掛けています。オンコロジーMRには、医師の治療におけるパートナーになれるよう高い実臨床の知識とコミュニケーションスキルが必要だと考えています。

患者様の気持ちに寄り添う

Patient-centric(患者様中心)を第一にしたMR活動の中では、しばしば難しい問題に直面します。例えば、使用中の薬剤の影響で発疹や痛み等が生じ、対症療法を行っても改善されないといった場合、『減量、休薬、改善してきたら再投与』というエビデンスがあるのですが、患者様としては「苦しい思いをした薬はもう使いたくない」という心情に至ることが多々あります。

このような患者様の拒絶にあって、医師が投与を中々再開できない場合、MRが「このようなエビデンスがあるので再投与してください」と言うのは簡単ですが、それは患者様の心情を汲んだ最善の解決策ではないと感じます。オンコロジーMRは、患者様の状態がそこまで悪化する前に様々な情報提供によるフォローを行い、一旦休薬や減量の処置があることも提案し、結果として投与の継続と患者様の症状の改善に繋ぐというアプローチを行うことが大切だと考えます。

もちろん、MRの提案が全て受け入れられることは難しいですし、例え医師が受け入れても患者様が拒絶することもあります。もどかしい気持ちを感じたこともありましたが、経験を重ねるうちに『患者様が望むことを第一に考えることが最も大切である』と考えるようになりました。

幅広い経験が“強み”になる

クインタイルズ入社後の私のキャリアとして、オンコロジー領域担当として3社、プライマリー領域担当として1社のクライアントでMRを経験しました。クインタイルズでは、一定期間ごとに複数の製薬企業での経験を積めることが魅力であり、強みであると感じています。

これまで経験してきたオンコロジー領域担当の3社に関しては、全てが異なった癌腫を対象としており、従来の殺細胞性の薬剤から新規の分子標的まではもちろん、新薬の立ち上げにも携わるなど、様々な経験をすることが出来ました。また、プライマリー領域担当としての経験では、がん治療で目の当たりにする合併症や重篤例に発展する可能性のある疾患など、幅広い知識を習得することが出来ました。

こうした幅と深さのあるキャリアを積むことで、自社製品の適正使用に関してだけでなく、前後の治療に関する話題や合併症、既往疾患に関するリスクヘッジなどについても情報提供が可能となり、医師との対話に深みを増すことが出来ていると感じています。

クインタイルズは、オンコロジープロジェクトの更なる拡大を目指しています。私自身のこれまでのキャリアを活かして、クインタイルズならではの高いパフォーマンスが発揮できるオンコロジーMRの育成・輩出にも貢献できるよう、より一層努力を重ねていきたいと考えています。

医師の治療パートナーになる

2014年末より、抗がん剤を専門に扱うオンコロジープロジェクトに携わっています。『Patient-centric(患者様中心)』の考え方を基本に、疾患に苦しむ患者様一人ひとりへ、オンコロジーMRとして出来うる限りのサポートを提供したいと考えています。

昨今がん治療の分野はめまぐるしく進歩しており、扱う癌腫によって薬剤が異なり、ステージやポジショニングによっても処方の仕方が変化するなど、治療内容が極めて複雑・高度化しています。

こうした環境の中で、私はがん治療に係る医師、薬剤師、看護師などに、実臨床のエビデンスや全国的な使用実態、海外の文献報告等を基に、薬剤の適正使用を提案する業務に従事しています。

特に多忙を極める医師との面会時間は限られており、単に製品情報を伝えるだけのMRでは存在価値はありません。面会時は、投与中の症例の有害事象や治療選択を迷っている症例像などを常に確認するようにし、医師が抱える問題があればその解決案を早期に提案できる環境作りを心掛けています。オンコロジーMRには、医師の治療におけるパートナーになれるよう高い実臨床の知識とコミュニケーションスキルが必要だと考えています。

患者様の気持ちに寄り添う

Patient-centric(患者様中心)を第一にしたMR活動の中では、しばしば難しい問題に直面します。例えば、使用中の薬剤の影響で発疹や痛み等が生じ、対症療法を行っても改善されないといった場合、『減量、休薬、改善してきたら再投与』というエビデンスがあるのですが、患者様としては「苦しい思いをした薬はもう使いたくない」という心情に至ることが多々あります。

このような患者様の拒絶にあって、医師が投与を中々再開できない場合、MRが「このようなエビデンスがあるので再投与してください」と言うのは簡単ですが、それは患者様の心情を汲んだ最善の解決策ではないと感じます。オンコロジーMRは、患者様の状態がそこまで悪化する前に様々な情報提供によるフォローを行い、一旦休薬や減量の処置があることも提案し、結果として投与の継続と患者様の症状の改善に繋ぐというアプローチを行うことが大切だと考えます。

もちろん、MRの提案が全て受け入れられることは難しいですし、例え医師が受け入れても患者様が拒絶することもあります。もどかしい気持ちを感じたこともありましたが、経験を重ねるうちに『患者様が望むことを第一に考えることが最も大切である』と考えるようになりました。

幅広い経験が“強み”になる

クインタイルズ入社後の私のキャリアとして、オンコロジー領域担当として3社、プライマリー領域担当として1社のクライアントでMRを経験しました。クインタイルズでは、一定期間ごとに複数の製薬企業での経験を積めることが魅力であり、強みであると感じています。

これまで経験してきたオンコロジー領域担当の3社に関しては、全てが異なった癌腫を対象としており、従来の殺細胞性の薬剤から新規の分子標的まではもちろん、新薬の立ち上げにも携わるなど、様々な経験をすることが出来ました。また、プライマリー領域担当としての経験では、がん治療で目の当たりにする合併症や重篤例に発展する可能性のある疾患など、幅広い知識を習得することが出来ました。

こうした幅と深さのあるキャリアを積むことで、自社製品の適正使用に関してだけでなく、前後の治療に関する話題や合併症、既往疾患に関するリスクヘッジなどについても情報提供が可能となり、医師との対話に深みを増すことが出来ていると感じています。

クインタイルズは、オンコロジープロジェクトの更なる拡大を目指しています。私自身のこれまでのキャリアを活かして、クインタイルズならではの高いパフォーマンスが発揮できるオンコロジーMRの育成・輩出にも貢献できるよう、より一層努力を重ねていきたいと考えています。

社員インタビュー INDEX