• HOME
  • マーケットの変化

Change in the market 
マーケットの変化

ライフサイエンス・ヘルスケア業界を取り巻く環境

わが国のライフサイエンス・ヘルスケア業界を取り巻く環境は、かつてない変化の時代を迎えています。
世界に類のない超高齢少子社会を目前に、国を挙げての「健康・医療・介護の一体的改革」が急ピッチで進み、医療の提供体制にも大変革が求められるようになっています。
病院や薬局などの医療機関、さらに製薬メーカー・医療機器メーカーをはじめとするヘルスケア企業の経営課題は複雑・多様化し、生き残りをかけた変化への適応のため、大胆な対応が求められています。


難しい舵取りを迫られる製薬業界

医薬品は人々が健やかな暮らしを送るために必要不可欠なものです。これまでさまざまな規制によって経済の影響を受けにくく、安定産業と考えられてきた製薬業界も、大きな変化のうねりの真っ只中にいます。
医療費抑制のためジェネリック医薬品が急速に浸透し、かつて製薬企業の売上の多くを占めた生活習慣病を中心とするブロックバスター(超大型薬)は特許切れによって売上が減少しています。さらに、新薬開発ががんやCNS*1領域など、より専門性の高い疾患領域にシフトし、従来のマーケティング・営業手法からの転換を迫られています。

新たな戦略実行モデルを要求

*1 CNS:Central Nervous System 中枢神経系
*2 HTA:Health Technology Assessment 医療技術評価
*3 PMS:Post Marketing Surveillance PMS専門のトレーニングを受けた人材による高品質・高効率なGVP*4/GPSP*5業務の支援
*4 GVP:Good Vigilance Practice 医薬品製造販売後安全管理の基準
*5 GPSP:Good Post-Marketing Surveillance Practice 医薬品製造販売後調査・試験の実施の基準


地域包括ケアシステムによって担い手が多職種に拡大
より包括的なアプローチが必要に

高齢化がピークを迎える2025年に向けて、国策として推進される地域包括ケアシステムの構築に伴い、「ときどき入院、ほぼ在宅」と言われるように、病院中心の医療から在宅医療への移行が急がれています。その担い手も医師や看護師、薬剤師だけでなく、介護職や行政など多職種へ拡大しています。各地域の住民が住み慣れた地域で、自分らしい暮らしを人生の最後まで続けられる社会づくりという共通のゴールに向けて、ライフサイエンス・ヘルスケア業界では、従来のビジネスモデルに留まらない新しい価値づくりが模索されるようになっています。

地域包括ケアシステムの姿

注:地域包括ケアシステムは、おおむね30分以内に必要なサービスが提供される日常生活圏域(具体的には中学校区)を単位として想定
出典:厚生労働省ホームページをもとに作成