Corporate Overview 
会社概要

クインタイルズを初めて知る方へ。

QuintilesIMS(NYSE:Q)は、お客様の創薬研究・臨床開発・営業・マーケティング活動の成果の改善に寄与する、情報とテクノロジーを統合させたヘルスケアサービスを世界でリードする企業です。QuintilesとIMS Healthの合併により誕生したQuintilesIMSでは、およそ50,000人の社員が100カ国以上で活動しています。
治療の革新、医療提供と患者の医療アクセスを通して、リアルワールドにおける患者の治療アウトカム改善やより高度化された臨床開発のアウトソーシングを探求しているヘルスケア業界の各企業にとって、QuintilesIMSの保有する広範囲なヘルスケア情報、テクノロジーおよびサービスソリューションを活用頂くことで、新たなインサイトやアプローチの発見および実践をすることが可能になります。QuintileIMSは、創薬・臨床開発から営業・マーケティング活動までの一貫したソリューションを提供することで、お客様のイノベーションの実現可能性を最大化し、医療のアウトカムの改善に貢献していきます。


会社概要

米国クインタイルズの日本法人として、1998年7月に設立。
前身は1993年に設立されたクインタイルズ・アジア Inc.で、この年に日本で初めて本格的な医薬品開発業務受託機関(CRO)事業をスタートさせました。クインタイルズ・トランスナショナル・ジャパンとなった1998年には、医薬品営業マーケティング受託機関(CSO)事業が加わり、海外のコンサルティング部門と連携して総合的なソリューション・サービスを提供。日本市場における、グローバルCRO及びグローバルCSOとして業界を牽引しています。

社名 クインタイルズ・トランスナショナル・ジャパン株式会社
設立年月日 1998年7月31日(前身は1993年8月設立のクインタイルズ・アジア・インク)
代表者 代表取締役社長 清水 昇
従業員数 約4,022名(2017年4月1日現在)
所在地 〒108-0074 東京都港区高輪4丁目10-18 京急第1ビル
事業所 7拠点
本社:東京都港区高輪4-10-18 京急第1ビル  MAP
品川シーサイドオフィス:東京都品川区東品川4-12-1 品川シーサイドサウスタワー  MAP
データドキュメント センター:東京都新宿区上落合3-10-8 オーバル新宿ビル
大阪オフィス:大阪市淀川区宮原3-4-30 ニッセイ新大阪ビル MAP
福岡オフィス:福岡市博多区博多駅前1-21-28 博多スクエア
札幌オフィス:札幌市中央区北3条西3-1-47 ヒューリック札幌ノース33ビル
クインタイルズ先端医療臨床開発オフィス:神戸市中央区港島南町1丁目6番5号国際医療開発センター(IMDA)
関連会社 アイ・エム・エス・ジャパン株式会社:東京都港区高輪4-10-8 京急第7ビル
アイ・エム・エス テクノロジー・ソリューションズ株式会社:大阪市中央区道修町1-7-10 扶桑道修町ビル8F
アイ・エム・エス インフォメーション・ソリューションズ株式会社:大阪市中央区道修町1-7-10 扶桑道修町ビル9F
キュー・スクエアド・ソリューションズ株式会社:東京都新宿区西落合2-18-17
※2015年10月より、グローバル規模でQuest Diagnostics社とのラボラトリー合弁事業を開始

米国本社QuintilesとIMS Healthは、2016年10月3日(米国東部標準時)に合併し、QuintilesIMS(クインタイルズIMS)となりました。日本での事業につきましては、現時点ではIMSJapanとQuintiles Transnational Japanの両社が継続しています。


クインタイルズIMSホールディングス(NYSE: Q)概要

会長兼CEO Ari Bousbib(アリ・ブースビ)
本社 米国ノースカロライナ州およびコネチカット州
設立 1954年(IMSの創業)※2016年合併に伴い社名変更
社員 約50,000人(100カ国以上)

事業内容

クインタイルズ・トランスナショナル・ジャパンは日本全国に7ヵ所の事業所を持ち、日本を含む世界中の市場でビジネスを拡大する製薬企業に対して、お客様の臨床・サイエンス・営業・マーケティングの各領域におけるパフォーマンス向上に寄与する情報・テクノロジーで強化された統合ヘルスケアサービスを提供します。


日本における主要なサ-ビス

  • 新製品投入時の営業サポート
  • 営業チーム、プロジェクト・チームの編成
  • 国内外の営業およびマーケティング・サポート
  • 市販後調査(PMS)
  • 臨床試験業務(フェイズIからフェイズⅣ)
  • データマネジメントおよび統計解析
  • 医薬品関連文書の作成―〈治験薬概要、臨床試験計画書、総括報告書、NDA(製造/輸入承認申請書)、各種調査書類 等〉
  • 海外における臨床試験および関連業務
  • 各種非臨床試験業務 等